アイドルに狂うオタクのブログ

2次元3次元問わずアイドルについて。

オートリバース

⚠️感想殴り書きなのは許して欲しい、見にくいのも許して!

 

〜 ネ タ バ レ は 含 み ま せ ん !〜

 

初手結論!

オートリバース興味ある人!(ない人

も全員)本を読んで!ラジオ聞いて!最後のHiHi

Jetsの曲を歌詞噛み締めながら聞くべし!!!

この3つが揃ってのオートリバースなんよ!!

まだB版しか聞けてない人が言うんやけども…。

 

ラジオを聞いてからの本を読んだ方がより楽しめるのか、本を読んでからラジオ聞いた方が楽しめる…?と迷ってた時に教えてくれたフォロワーさんありがとうございます…🙏

 

まず、本読むじゃん?1ページ目にして本家からの最大のネタバレをくらい私は驚いたよ。ねぇ。Twitter見てた感じそんな気はしてたけども。だから逆に"え、私的には配役全然意外じゃない!むしろしっくり?きてるんだけども…"と1ページ目にして思う私。

 

でもやっぱ1ページ目だけじゃ分かんないんだな。読み進めていくにつれて即、"あ、やっぱTwitterの意見分かるわ"って。

気弱で、1人では自信なさげで「ごめん」ってよく言ってしまう、でも芯が強くて真っ直ぐな直と、喧嘩っぱやくて強くて真っ直ぐで。でもどこが危ういところがある高階。

反対なのに真っ直ぐな所は同じだなって。上手く言えないけど、例えると、こう…夏のあっつい日にふと見上げた空にあった、飛行機雲みたいやなって思った。綺麗に真っ直ぐなんだけど、徐々に消えていってしまう儚さとかそういうところが。(だいぶ恥ずかしいこと言ってるのは分かってる)

 

偶然出会った正反対の2人が小泉今日子というアイドルを1位するって夢に向かって一緒に走り出したはずの物語。

この作品をひとつのカセットテープとして考えると、オートリバースしたのは2箇所あると私は思ってて。1回目は卵事件。これで2人は別々の道を歩き始めてしまう。2回目は高階の病気が発覚した時。これでまたカセットテープは元の向きに戻って2人の道が繋がったんじゃないかって。

良かったな。なんか、青かった、青春だった。私が経験したことがない青春のはずなのに、どこが懐かしくって。

 

ここまでが小説の感想な訳ですが、続きます。

 

ラジオとガリさん(HiHi Jets:猪狩蒼弥)、作間くん(HiHi Jets:作間龍斗)について語らせてください。

いや、すごくないです!?!?!?!?!?

小説とラジオ小説って人間の情報源の80%を司る視覚を取っ払って残りの20%の部分に訴えかけるんですよ!?!?!?当たり前だけど、心情を言葉にできないから声で伝えないと伝わらないし!!!

ガリさんと作間くんじゃなくて直と高階でした…。とても。

直のおどおどしてるけど高階といる時はいきいきしてたりちょっと強気になったりするとことか、高階の軽くてちょっとオラついてるのに直といる時にちょっと柔らかくなる感じとか…良かったんだよ…。あと、この作品の中だけで確実に2人とも上手くなって言ってるって素人の私が思えるくらい上手くなってると思う!

まさに回を重ねることにって感じで。

 

ネタバレは含まないからなんて言ったかは書けないけど、231ページ4行目のセリフ、とても良かったです…。あぁ……………。誰か分かち合おう…???

 

ラジオ小説のほうは私がごちゃごちゃ言うよりも聞いて!感じて!!パッション!!!って感じです。でも本当に良いのよ。曲のはいり方とかね!!!ドラゴンフライも聞いてね、ここまでがラジオ小説なんでね。

あと、本を読んだ人にしか分からない良さ?沁みるところ?もあるから本も読んでラジオも聞こう???エモ!とかそんな簡単に言葉で言い表せない感情が迫ってくるからさ。。。

 

とっても素敵な作品でした。オートリバース。直と高階と出会えて良かったな。

 

恋した僕らトンボ でしたね。

 

2020.12.12

 

2次元のオタクが3次元に飛び込み、Jr.沼に流れ着いた話。

 

そういえば、私は小さい頃からアイドルが

好きだった。

 

最初に好きだったのはモー娘。ミニモニ。

小学生の頃はジャニーズをほんの少しかじり、

中学生ではKーPOP。

一通りのジャンルを見てきた。

 

ずっと変わらかったのは

 

「推しは○○だけど、グループの子みんな大好き!」

 

ということ。

 

でも、" ずっと変わらず、そのままの形で "ということはなかなか難しい。

自分が好きになった時と変わってしまうグループの今を見れなくて、何回も途中で追うのをやめてしまった。

 

 

 

これがきっと2次元に方向転換したきっかけで、ここ最近まではずっと2次元のオタクとして生きてきた。

ハマっていたコンテンツはラ!やあん○タ、ア○マスなど、結局、アイドルが好きということは変わってなかった。

 

 

 

 

私は、2次元の変わるとこがないところが好きだ。

 

ビジュアルもほとんど安定しているし、居なくならない、スキャンダルや変なファンの介入もない。

 

" 不変的 " で " 半永久的 " な完全に向こう側の隔たれた世界。

 

そこでオタクをするのは純粋に楽しかったし、自分に合っている気がしていた。

 

 

 

 

 

そんな私が3次元に飛び込んだのはちょうど一年前の今頃。

 

とにかくしんどかった大学3年生、秋。

理由つらつら書いて本題から逸れたくないから省略するね。

就活本格的にしてた時より断然、この時期の方がしんどかったと思うくらいには、なんか辛かった。

 

 

 

 

こんな素晴らしいタイミングで友達がとあるオーディション番組をみんなで見ようと提案してきた。

前から興味はあったものの、3次元にハマれるのかな…とか最初は思っていた(これはホント)。  心配したのも束の間、自分でも驚くほど見事にハマっていた。(チョロい)

 

 

 

 

ハマったなんて生ぬるい表現では足りない。

 

 

 

落ちたし、沼は深かった。

 

 

 

 

 

 

あんなに頑なに2次元から出たがらなかったのにも関わらず、あっさり3次元におちたのはきっと、その番組の構成が好きだったからだ。

 

アイドルを目指す練習生たちが受けるレッスンの風景、友情、葛藤、ステージでのパフォーマンス、涙の別れ。アイドルを推すうえで本来見えない部分がここでは見られる。

 

大学、高校の友達、顔も知らないフォロワーとも語り合い、熱狂した。

 

このサバイバル番組と推しにのめり込むだけ楽しさが増したし、その間は寂しくなかった。

 

でも、それがよくなかった。

 

 

 

12月。

最終回のその日は1人でデビュー発表を見届けるなんて到底無理で、友達と最終回を見た。

みんなで泣いて、そして寝た。

毎週の生きがいになっていた番組は終わり、私の推しも居なくなった。

 

 

 

番組が終わったのと入れ替わりくらいで留学に行っていた彼氏が帰ってきた。(コロナが大流行する前に帰って来れてほんとに良かったと今も思う)

 

嬉しかった。

 

 

 

これで番組と推しへの気持ちを入れ替えて次の沼へ進めると思っていた。

でも時間が経つほど、全部が分からなくなっていった。

 

 

今年の春。

コロナのせいで外出もできないうえに友達にも会えない。いちばん楽しいと思う瞬間はフォロワーたちと推しについて話してる時、そして推しがSNSを更新することだけを楽しみにすごしていた。

 

SNSの更新頻度は以前に比べたら減ってきた。

ふぉろわとなんとか寂しさを凌ぎあっていた。

 

 

 

そしてこの頃から、気持ちが逆転してるのでは?と一人モヤモヤしていた。

 

彼氏に対する寂しさを埋めてくれてた推しから推しに対する寂しさを埋めてくれる彼氏になってない?みたいな。

 

そう思い出したら止まらなくて、そこから別れるまでほんと早かった。

 

こんなものかと思うくらい呆気なかった。

 

 

 

 

別れてからいよいよヤバい推し方になって、縋ってたと思う。

 

番組を見て純粋に楽しんでいた時とは絶対違う見方で推しを見たいたんじゃないかな。

 

1.2週間に1回あればいいほうのSNSの更新を待ち続け、それでも枯渇すれば愚痴垢、情報垢を見て黒い気持ちになりながら、なんとか情緒を保ち生きていた5月、6月。

 

 

 

ほんとうにこの頃の自分怖い。

客観的に見て痛い。

切実に、もうその辺でやめときなと思う。

 

でも自分はここに縋ることしか出来ないし、辛く思うほど好きみたいな変な考えがあって、ひたすら苦行をしていた。

 

 

 

 

 

 

番組が終わって半年以上がたったある日、突然「もうやめよう」と思えた。

 

色々考えてその答えに落ち着いた結果とかでもなく、ほんと「お腹すいたな」くらい自然に出てきた。

 

 

 

推しにはデビューして、どんな形であれまた     応援がしたいと思っていた。

 

あんな素敵な子をどこかの誰か偉い人が見つけて拾ってくれたんじゃないか。そして今はデビューに向けて実は練習をしてるんじゃないか。ずっと希望を持ってたし、そう思わないとどうにかなりそうだった。

 

けれど、私がその人を好きになったのはアイドルとしてステージで輝く姿だけじゃなくて、アイドルを目指して頑張る、優しくて前向きでちょっと不器用な姿なんだから、その人が次にやりたいと思うことをただ応援したいと思った。

 

 

 

次にやりたいことはアイドルじゃなくても、むしろ表舞台でなくても全然いい。

自分が行きたい道へ進んで、やりたいことしてくれたら、それを心の中で応援し続けてたらいいかなって。

 

推しは本当に表情が豊かで、なかでもキラキラの笑顔は本当に、心から楽しそうで見てるこっちも笑顔になる。

今日も日本のどこかでそんな顔でいてくれたらいいかな〜と。

 

それでもし、デビューしてくれたらファンダムのみんなであの曲のあの部分のトンチキダンス踊り狂って騒げばいいじゃん!って。

 

 

 

 

それなら、ここで意固地になって居座り続ける必要はないなと思ったら、すんなり前に進めた。

 

 

友達に手を掛けてもらっても一向に泥沼状態から抜けようともしなかった私は、その思いつきひとつで沼から足を洗い、新たな沼の散策をはじめた。

(あの時は本当に申し訳ありませんでした、おかげで私は元気です。)

 

 

 

そこで出会った新世界!!!

それこそジャニーズJr. の沼。

 

 

 

きっかけはここでも「なんとなく」。

 

 

" ふぉろわさんで HiHi好きな子がいたな〜。へ〜Jrチャンネルなんてものがあるのか〜。気になるから見よ〜 "

 

この思いつきがきっかけ。

 

 

 

 

 

はじめて見たチャンネルは

HiHi Jets 「最強アイドルグループをプロデュース!!!」(ドラフトのやつね。)

とりあえず、他にも色んな人が出てくるんじゃないかと思って見てみた。

 

そのなかで、井上瑞稀くんが褒めていた

少年忍者 内村颯太くん

が気になった。

 

 

 

宣材写真で初めて認知した内村颯太は

" 小さくて内気で目立たなさそう "

に見えた。

 

 

まっっっっっっったくの違ったけど。

 

 

 

声も身長もデカい。よく笑い、予想の斜め上どころか真反対まで回り込んでくる答えを言うのでとにかく目立つ。

そしてステージでは誰よりも輝くアイドルになってしまう。

 

 

 

そして、なんてったって顔がいい。

 

顔がいいんです。

 

ほんとに。

 

 

 

そんなギャップの塊、内村颯太の沼に気づいた時には浸かっていた。

(これ以上書くと脱線するからまた別の機会に 書きます)

 

 

 

ISLAND TVで内村颯太を見て、Jr.チャンネルで少年忍者を見て、他に気になった7MEN 侍も  見て、HiHiも見て…とにかく自由に楽しく沼を散策した。

 

 

 

少し前まで、ひたすら耐えるオタク生活だった私にジャニーズJr.の沼はまさに楽園だった。

 

知識なんてほぼ皆無に等しかったので、周りを見渡すだけでそこら中に新しい発見が広がっていた。

 

 

 

砂漠で水を探す旅人から油田で石油を見下ろす石油王になれた。

 

 

 

 

楽しく石油王をしていた私は、うっかり

Lil かんさい 岡﨑彪太郎

にやられてしまって、もう全く身動きがとれないんだけど、これはまた別の機会にきちんと書きたいと思う。

なんせ魂の救済も合わせてして頂いたので。

 

 

 

 

 

一体全体、急にJr.に落ちたが、どこに惹かれたのかと聞かれたら、色々あるけど

いちばんはきっと、みんな持つ輝きだと思う。

 

歴も年齢もグループも全く関係はなくても、みんながデビューという同じ夢に向かって「今しかない」とガムシャラに頑張っている。

輝く一瞬のために、全てを出し切るような姿が私にはとてもまぶしくて、好きだと思った。

 

 

 

よく、プロ野球より高校野球が好きという人がいる。

それは、"負けたら終わり次がないという状態で行われる試合が感動的だから"と言う人が多いが、きっとこれは私の意見と似ているんだと思う。

 

 

 

 

 

デビューはゴールじゃなくて、むしろ、有名になるためのスタート地点だ。

 

ジャニーズという名前は、2次元オタクの頃の私でも、日本においてあまりにも強力で安定した最強ブランドに思えた。

その世界に入れた人の人生に、勝ちは約束されているも同然なんだと思っていた。

 

でも、その世界の中では、デビューというスタートラインに立つために青春をかけて切磋琢磨し合う存在がいたことを知り、

その人たちの夢を叶えたい、その姿を見続けていたいと願うファンのことを知った。

 

 

 

これってすごくない?

 

 

 

語彙力皆無だけど、

 

そんな世界もの存在も

 

アイドルも

 

ファンも、

 

それを知れたことも全部含めてすごくない?

 

 

 

そんな世界の存在を知ることができて、

本当に良かったと心から思っている。

 

 

そこでまた応援したい人、グループにたくさん出会えてよかったな、楽しいなと思っている。

 

まーた「デビューしようね!」が口癖になるんだろうな〜の気持ち笑

 

 

 

 

 

そういえば、3次元のオタクにはよく分からない感覚かもしれないけど、2次元上がりの私からするとここ(3次元)はすごいとこばかりで。

 

まず、推しが同じ次元で生きてる!(すごい!)

 

同じ動きやステージなんて存在しない!(すごい!)

 

推し、考えてものを言う!(すごい!)

 

全てにおいてプログラミングされ、時という概念がない人を推して身としては、生きて、自分で色々考えて、選択して今ここにいる、その事だけで胸がいっぱい泣きそうだし、その子が成長する?夢か………?くらい尊い

 

 

 

これを聞いて皆さん、推しの偉大さを再確認できました?????????????????

 

 

 

そんな偉大なる推し、内村颯太と岡﨑彪太郎を担当と呼べる人になることが今の私の目標です。

 

まだ恐れ多いんだな。恥ずかしいというか。

 

 

 

 

 

そんなわけで、この1年で2次元のオタクは次元を越えてジャニーズJr.のオタクへと進化と呼べるほどの急成長を遂げましたとさ。

 

 

 

何度も言うし、何度も言いたいんだけど

今がオタクをしていていちばん楽しい。

 

 

 

せっかくたどり着けたこの素晴らしい世界でこれからもい続けたいな。

 

 

 

 

最後に、

私を変えてくれた3人のアイドルたち、

ありがとう。

 

そしてこの長くてしょうがない文章を読み切ってくれたあなた様、ありがとう。

 

2020.09.22 Tue

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日プで初めてスクショした日から1年経つ前にこのブログあげたかったから間に合ってよかった👌 👌 👌 👌 👌 👌

 

初めて目に止まってずっと好きだった6人組。それぞれの未来に幸あれ 🌸

私のシンデレラへ

本日、9月16日私の担当アイドル、神谷奈緒の誕生日である。




奈緒ちゃんを見つけたのは3年前。


デレステチュートリアル

ふわふわの長い髪、可愛い表情、白いシンデレラのような衣装はこの子のためのものかと思えるくらい似合っている右端で踊る女の子、それが彼女だった。


アイマス界隈では推しのことを「担当」ということは何となく知っていたが「担当」とはどういうことかも分からないまま、「私はこの子の担当になるんだ」と名前も知らないその子に対して思ったことをはっきりと覚えている。


一目惚れ同然のその子について知りたいと思ったのに、誰なのか全然分からない。 先程使われていた編成を見てもそれらしき女の子が見つけられない。




"え…?どこ?さっきの踊っていた位置的にはこの………子………?"




そこに居たのはくせっ毛を無造作にまとめ、ポケットに手を突っ込み、こちらをムスッとした顔で見る女の子。



3Dモデルと違いすぎて、軽くショックを受けた。(奈緒ごめんw)






何を隠そう、これが私の担当アイドル " 神谷奈緒 " だったのだ。







とりあえず、3Dモデルが死ぬほど好みだったこの子を知ってみようと思った。







デレマスでは「夢叶ってアイドルになれた女の子」と「ひょんなことからアイドルになった女の子」の2パターンが存在する。


奈緒ちゃんは後者だ。


可愛いもの、ファッションにも憧れるけど自分には似合わないと思っている女の子。そんな彼女を街中で見つけていきなりスカウトしたプロデューサー(P)は有能すぎる。

このデレステPに私は金一封を送りたいと心から思っている。






奈緒は照れ屋の意地っ張りだ。とにかく始めのうちは全く素直じゃない。

そこが彼女の可愛らしいところでもある。




"スカウトを受けてしまったのは可愛いと言われたのが嬉しかったわけじゃない!"




と言いながら照れているのがもう既に可愛いのだ。


ムスッとした顔のカジュアルな女の子に見えた彼女は、実は可愛いものが好きで、可愛い格好にもしてみたい、そしてその姿で歌って踊ることに憧れもある実に可愛らしい女の子だったのだ。






2次元とは良くも悪くも不変的である。

例えば、季節は移り変わるが、それから次の年が来る訳でなく、ただまた年が「回る」。


しかし、デレマスは歳こそとらないものの、確実に彼女たちはアイドルとして、1人の女の子として成長している姿が描かれていると私は思う。外見は成長しないが、内面は常に成長し続けている。




その証拠に奈緒は可愛い衣装を着ることも、アイドルとしてステージに立ち、可愛く振る舞うことも、まとめて楽しむようになった。そしてなにより、アイドルとしての"あたし"に自信を持ってくれるようになったとデレステを3年間プレイした程度の私でも思っている。

奈緒のことを初期からずっとプロデュースし続けている他のプロデューサーさん達は私以上に奈緒の成長を感じているのではないかなと思う。




"LIVEを一番楽しむのはファンでもプロデューサーさんでもない。このあたしだ!"




とイベント「Trinity Field」で言われた時には、成長ぶりに驚き、ひっくり返った。

モバマスはプレイしていないので、それほどで神谷奈緒を語るな言われればそこまでなのだが、これはアイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ神谷奈緒が5年間、自分の足で歩き続けた証だと思う。




私の一番好きなSSR "一陣の情熱" はシンデレラフェスで登場した当時、120連して手に入れた感傷深い1枚だ。

ここで奈緒

"かわいいもカッコいいも全部見せられるアイドルになってやる!"

と言ってくれる。

アイドルの経験を通して更に可愛く、カッコよくなった奈緒

ここで公式が用意してくれた衣装は騎士のようなカッコいい衣装に今までふわっとおろしていた髪をひとつに結ぶもの。

ドームでのLIVEでサイリウムの光にと紙吹雪に包まれとても頼もしい表情をしている。

ここで乗り越えた"可愛い姿の私"の衣装でなく、たどり着いた"神谷奈緒という最高のアイドル"のスタートにふさわしい衣装を用意してくれた公式には感謝しかない。

極めつけに






"ここは、夢でも幻でもない、あたしの舞台だ。あたしは、アイドル神谷奈緒は、ここにいる………!"






なんて言ってくれるもんだからリアルに頭を抱えてしまったのもよく覚えている。

自分に自信がなかった、可愛いに抵抗し続けていたかつての姿はどこにも無かった。




あの日、私が一目惚れしたアイドルはやっぱり可愛くて、カッコいい、そのうえファン思いな最高で最強のアイドルになってしまったのだ。そして彼女はこれからも私達に更に成長した姿を見せ続け、まだ見ぬステージまで一緒に行けると私は信じている。






やっぱりあなたは最高のアイドルだよ、奈緒ちゃん。







初めてのブログだったし、この時間に間に合わせるために慌てて書いたからよく分からない文章になってしまった。




改めて、奈緒ちゃんお誕生日おめでとう。




いつも言いすぎてるくらい言っているけど、私はあなたに出会えて担当になれたことが本当に嬉しいです。あなたのLIVEで見せてくれる姿が、ひたむきに頑張る姿が、全力でアイドルを楽しんでくれてる姿が好きです。いちファンとして、担当として、心からそう思います。

世界で1番かわいい、私のシンデレラ。






だいすきです。






これからもよろしくね。






p.s. 誕生日とは関係ないんだけど、総選挙4位おめでとう。もうすぐ来るであろう初めての総選挙イベの曲と衣装、楽しみにしてます。嬉しいね。